福岡


業務用(ぎょうむよう)とは、法人(企業や学校、官公庁)など、一般家庭以外の用途を前提として開発された製品のこと。これに対し、一般家庭向けの製品は、『家庭』や『民生』(みんせいよう)と呼ばれる。 テレビ、カムコーダ、VTR、オーディオ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫など、家庭
5キロバイト (732 語) - 2021年3月31日 (水) 06:19



(出典 picture.oikura.jp)


小説の始まりみたいな…

1 記憶たどり。 ★ :2021/06/29(火) 11:02:43.71

https://rkb.jp/news/003011.html

福岡市西区で28日、住宅の冷蔵庫の中から2人の遺体が見つかりました。

警察は現場の状況から、2人が事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査しています。

佐藤巧アナウンサー
遺体が見つかりました、福岡市西区横浜にある、住宅の前に来ています。

周辺は現在、黄色の規制線が引かれています。

護送車やブルーシートで覆われていて、近づくことはできません。

この周辺、住宅街です。

今この瞬間は少し少なくはなっていますが、交通量の多い場所となっています。

捜査関係者によりますと、28日正午前、「住人の家族3人と連絡が取れない」と親族の男性から通報がありました。

住宅には、多くの捜査員が慌ただしく出入りし、ものものしい雰囲気に。

そして、夜になって冷蔵庫の中から高齢とみられる男女2人の遺体が発見されました。

冷蔵庫は業務用として使われている形状のもので、当時、電源は入っておらず、外側からテープで目張りされていたということです。

こうした状況から警察は、2人が事件に巻き込まれた可能性があるとみて、遺体の身元の確認などを進めています。

以上、福岡市西区の現場から中継でした。


【外からテープで目張りされた冷蔵庫に男女2人の遺体】の続きを読む


一罪一逮捕一勾留の原則(逮捕・勾留の一回性の原則) 一つの犯罪事実に対する逮捕・勾留は原則として1回に限られるという原則をいう。無条件に再逮捕勾留を認めれば逮捕や勾留の期間制限を定めた意味がないからである。 同じ犯罪事実については時間が経過しても1回しか逮捕
30キロバイト (4,937 語) - 2021年5月22日 (土) 12:33



(出典 news.biglobe.ne.jp)


周りが見逃してるという一番の悲惨

1 首都圏の虎 ★ :2021/06/19(土) 13:07:54.98

福岡県飯塚市で男児が虐待死した事件で、死亡した田中大翔(ひろと)君(当時9)の肋骨(ろっこつ)が複数折れていたことが捜査関係者への取材でわかった。一部は生前に負った傷とみられ、全身には多数のあざがあったといい、県警は養父の田中涼二容疑者(41)=傷害致死容疑などで再逮捕=が日常的に激しい暴行をしていたとみている。

 大翔君は2月16日に太ももの打撲による外傷性ショックで死亡。遺体には顔や足など体中にあざがあった。捜査関係者によると、大翔君の肋骨は複数折れ、死亡直後に田中容疑者が心臓マッサージをして折れた骨もあるとみられるが、亡くなる数週間前に負った傷もあった。暴行によるものとみられるという。

 捜査関係者や学校関係者によると、大翔君は1月ごろから学校を休みがちになり、2月8日の登校時には腰にあざのようなものがあった。最後に登校したのは2月10日だったが、学校側は重傷を負っていることに気づかなかったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c4f37dfbf49ef4e38f4a1fc0f45f806cb77ef4b6


【父親が学校にうその連絡も…日常的に暴行 福岡の男児虐待死】の続きを読む


肝試し(きもだめし)とは、怖い場所へ行かせて、その人の恐怖に耐える力を試すことである。もっぱら夏の夜に行なわれ霊的な恐怖に耐える、日本の伝統的なゲームの一種。試胆会ともいう。 日本の習俗の一つで、遊びとしての度胸試し(どきょうだめし、英語:test of courage、courage test)の一種。
5キロバイト (818 語) - 2019年7月31日 (水) 14:50



(出典 mashikejp.sakura.ne.jp)


祟りが無ければよいが…

1 バーナードループ(愛知県) [US] :2021/06/16(水) 19:13:21.31


「心霊スポット」肝試しで若者グループ摘発  福岡市の学校"廃墟"に無断立ち入りで
2021年06月16日 17:00 RKB毎日放送

福岡市東区で今月、廃墟となった学校の施設に無断で立ち入り、肝試しをしたとして、18歳から21歳までの若者グループ12人が摘発されました。

検察や家庭裁判所に送致されたのは、福岡県田川市の男子高校生や飯塚市の歯科助手の女性など12人です。
このグループは今月5日の未明、福岡市東区和白で、肝試しをするために廃墟となった学校の施設に無断で入ったとされています。
警察によりますと、この場所は、「心霊スポット」として肝試し感覚で訪れる若者が後を絶たず、去年11月にはボヤ騒ぎが起きました。
また、今年に入っても、近隣の住民から騒音や路上駐車などの苦情が30件近く寄せられていたということです。

送致された12人はいずれも認めたうえで、「遠くから来たので入った」などと話しているということです。

https://rkb.jp/news/002838.html


【廃校に肝試しで入った若者グループ12人を摘発】の続きを読む

このページのトップヘ