岐阜


『警察犬』についてTwitterの反応


認知症で行方不明になった高齢女性 においを頼りに無事探し出したのは「犬」
 そこで、警察は民間の警察犬指導手の谷向さんと「嘱託警察犬」のアンジーに出動を要請したのです。  「(女性の)枕カバーのにおいを嗅がせて探させた」  (警察犬指導手 谷向昭紀さん)…
(出典:CBCテレビ)


警察犬(けいさつけん)とは、人間の4千倍〜6千倍といわれるの鋭い嗅覚等の能力を高度に訓練し、足跡追及能力や臭気選別能力を警察など法執行機関の捜査活動に利用するものである。1896年にドイツのヒルデスハイム市警察で初めて採用された。 足跡追及活動 人の残した臭いをもとに犯人や犯人の遺留品、行方不明者を捜索するもの。
13キロバイト (1,629 語) - 2021年5月6日 (木) 07:54


感謝状<骨ガム(当たり前)

【『枕の匂いで行方不明女性を警察犬が無事発見』への感想は】の続きを読む


死体遺棄 (遺体遺棄からのリダイレクト)
遺体を葬儀に絡む社会通念や法規に沿わない状態で放置することをいう。 死体は化学的には有機物であるため放置すればいずれ腐敗によって異臭を発したり、病害虫(ハエなど)の発生源となるなど、不快感を催させるのみならず感染症などの原因ともなりうる。それら公衆衛生上の問題以前に、多くの社会では人間の遺体
6キロバイト (956 語) - 2020年10月18日 (日) 08:20



(出典 dol.ismcdn.jp)


情によるものなのかそれとも怠惰なのか

1 ポラリス(東京都) [US] :2021/06/11(金) 11:47:21.12


1階の和室に腐敗が進んだ男性の遺体…87歳父親とみられる遺体を自宅に放置か 47歳会社員の女逮捕

岐阜県大垣市の住宅で、同居する父親とみられる男性の遺体を放置したとして、47歳の女が逮捕されました。

逮捕されたのは大垣市南若森町の会社員、森本裕子容疑者(47)で、自宅に男性の遺体を放置した疑いが持たれています。

森本容疑者は87歳の父親と2人暮らしで、近所の住民から「最近父親の姿を見ていない」と通報があり、
警察が自宅を訪ねると、1階の和室で腐敗が進んだ男性の遺体が見つかったということです。

警察は森本容疑者の認否を明らかにしていませんが、遺体が森本容疑者の父親とみて身元の確認を進めています。


https://news.yahoo.co.jp/articles/0b26a06f3273025d0082722fb67f76c8cfad5ce5


【腐敗進むまで父親の遺体を自宅に放置か  会社員の女逮捕】の続きを読む


『ゴミ 500万円』についてTwitter


ゴミの中から現金500万円…産廃処理業者が「仕分けをしていたら出てきた」と届け出 1万円札等全て紙幣
 岐阜県でゴミの中から見つかったのは、現金500万円でした。  警察によりますと31日午後、東濃地方にある産業廃棄物処理業者が岐阜県警多治見署を訪れ…
(出典:東海テレビ)


遺失物 (落とし物からのリダイレクト)
ずにその所持を離れた物。誤って占有した他人の物、他人の置き去った物及び逸走した家畜は、準遺失物という(遺失物法2条1項参照)。一般的には、忘れ物、落とし物といい、遺失物を拾った者を拾得者(しゅうとくしゃ)、拾われた物を拾得物(しゅうとくぶつ)という。所有者から盗まれたもの(盗品)は遺失物とはならない。
9キロバイト (1,528 語) - 2021年5月26日 (水) 16:17


掃いて捨てるほどということでしょうか

【『廃棄物の中に現金…その金額が』にツイッター上は】の続きを読む


株式会社なだ万なだまん)は、1830年(天保元年)創業の日本料理店。客単価15千円ほどの高級店として知られ、日本を代表する老舗料亭のひとつである。百貨店などのテナントとして惣菜や弁当の販売も行っている。 創始者である灘屋萬助は、出身地である長崎の卓袱料理と漢方の知識を元に、長崎料理を大阪風に
10キロバイト (1,042 語) - 2021年5月16日 (日) 17:57



(出典 www.tokai-tv.com)


店主のお名前が飲食向き(笑)


1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/27(木) 19:45:28.93 ID:WbVNVafha.net BE:377482965-2BP(2223)


なだ万で修業した店主「やり過ぎと思ったが好評」通常の倍のボリューム…「男の天丼」完食した女子高生も
https://www.fnn.jp/articles/-/185414



(出典 fnn.ismcdn.jp)


【『男の天丼』追加料金で赤だし→ミニうどんorそばに変更可…】の続きを読む


『10年後 はがき』についてTwitterの反応


タイムカプセル(英: time capsule)とは、カプセル状の容器にその時代のものを入れて地中に埋め(そうしないものもある)、ある年月が経った後に開けるものである。 日本で知られるものとしては、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)の年に、松下電器(現・パナソニック)と毎日新聞により企画、製作
24キロバイト (3,678 語) - 2021年4月25日 (日) 09:43


理想と現実の違いに苛まれることもあったでしょう…

【『10年後の自分に誓ったはがきが10年後に紛失判明 』への声】の続きを読む

このページのトップヘ