経済


ジェネリック大手 日医工が「事業再生ADR」手続き

(出典:テレビ朝日系(ANN))


裁判外紛争解決手続(さいばんがいふんそうかいけつてつづき、英語: Alternative Dispute Resolution; ADR)とは、訴訟手続によらない紛争解決方法を広く指すもの。ADRは相手が合意しなければ行うことはできない。 紛争解決の手続としては、「当事者間による交渉」と、「裁判所による法律に基
21キロバイト (2,867 語) - 2022年4月15日 (金) 22:04
これで患者に影響が…と言って甘やかすのも違うし

1 ぐれ ★ :2022/05/12(木) 04:24:25.64

※2022/05/12 02:00

 ジェネリック医薬品(後発薬)大手の日医工(富山市)が、私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)での経営再建を検討していることが11日、わかった。取引金融機関への説明を始めており、週内にも発表する。

日医工の本社(富山市で)
 事業再生ADRは、政府が認定した第三者機関の調整で、過大な債務を抱えた事業者が、金融機関などと協議して再建を進める仕組み。日医工は、事業再生計画を作成した上で、金融機関に対し、債務の減免を要請する方針という。

続きは↓
読売新聞オンライン: 後発薬大手・日医工、私的整理の一種「事業再生ADR」で再建検討…不祥事で業績悪化.
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220511-OYT1T50308/


【ジェネリック大手・日医工が私的整理の事業再生ADRで再建へ】の続きを読む


宇野線 > 瀬戸大橋線 本四備讃線 > 瀬戸大橋線 予讃線 > 瀬戸大橋線 瀬戸大橋線(せとおおはしせん)は、瀬戸大橋を通り、岡山県岡山市の岡山駅と香川県高松市の高松駅とを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)と四国旅客鉄道(JR四国)の鉄道路線の愛称である。以下の路線から構成されている。 JR西日本 宇野線:岡山駅
29キロバイト (2,512 語) - 2022年4月10日 (日) 15:09
いろいろ投入してたなぁ

1 デビルゾア ★ :2022/05/11(水) 04:13:31.96

JR四国が来年春にも四国管内すべての路線で運賃を値上げする方針を明らかにしました。
新型コロナの影響を受けた収入の回復ペースが遅いことなどが理由だとしていて消費税率の引き上げを除けば27年ぶりの値上げとなります。

これは、JR四国の西牧世博社長が10日の記者会見で明らかにしました。
この中で西牧社長は、経済活動の正常化で利用客は回復が見込まれるとする一方、「新型コロナの影響が3年目に入り想定したほどは収入が回復していない」という認識を示しました。
そして、安全への投資を続けながら収支を改善させるには限界があるとした上で、「このままでは鉄道ネットワークの維持は困難になることが想定される。公共交通機関の役割を果たすためには大変心苦しいが、お客様に負担をお願いせざるを得ない」と述べ、来年春にも運賃を値上げする方針を明らかにしましました。
対象となるのは、唯一採算が見込めていた、本州と四国を結ぶ「瀬戸大橋線」を含む、四国管内のすべての路線で、具体的な値上げ幅については、今後、検討するとしています。
消費税率の引き上げに伴う値上げを除けば、運賃の値上げは、平成8年以来27年ぶりとなります。
また、JR四国の昨年度のグループ全体の決算は、営業損益が221億円の赤字と、過去2番目に大きな損失となりました。

https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20220510/8000012847.html


【JR四国が来春に全路線の運賃値上げへ、人口減少や収入低迷で】の続きを読む


デサントが“大谷効果”で過去最高益

(出典:テレビ朝日系(ANN))


株式会社デサント(英語: DESCENTE LTD.)は、大阪市浪速区に本社を置くスポーツウェアの専門メーカーである。 スポーツウェアの大手メーカーの1社であり、野球、ゴルフウェア、陸上競技用ウェア、サッカー用ウェア、競泳用水着、アルペンスキー用ウェアなどで有力なブランドを持つ。日本国内の他、中国・
24キロバイト (2,550 語) - 2022年4月10日 (日) 05:42
一過性になるのか

1 ひかり ★ :2022/05/12(木) 17:16:39.74

 「大谷効果」もあって過去最高の売り上げとなりました。

 スポーツウェアを手掛けるデサントは、2022年3月期の決算で主要5ブランドが増収したと発表しました。

 なかでも、メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手がトレーニングなどで着用しているブランド「デサント」の国内の売り上げは過去最高の171億円となりました。

 大谷選手の活躍がブランドの認知拡大につながったことや、ゴルフ部門の売り上げが前の年から3割増えたことが貢献したということです。

 数量限定で販売した大谷選手モデルの高価格帯のダウンもすぐに売り切れたことから、今後、単価が高い商品を拡大していきたいとしています。
テレビ朝日

https://news.yahoo.co.jp/articles/0372df2ee2dd3f9163d4bd72345b9c8d28d4f4c3


【デサントが“大谷効果”で過去最高益、2022年3月期の決算発表】の続きを読む


ハウスこども劇場ハウスこどもげきじょう)は、1978年10月 - 1983年2月にかけて、テレビ朝日系列に断続的に設けられていた、ハウス食品工業(現:ハウス食品)1社提供による子供向けテレビドラマ枠。 放送時間は、1978年10月から1980年3月までは毎週日曜9:30 -
14キロバイト (1,934 語) - 2021年8月18日 (水) 20:52
感激ぃ

1 少考さん ★ :2022/05/11(水) 21:28:45.35

※NHK

ハウス食品 主力商品のカレーなど 約7年ぶりに8月から値上げ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220511/k10013621701000.html

2022年5月11日 19時20分

原材料価格などが高騰する中、大手食品メーカーの「ハウス食品」は、主力商品のカレーなどをおよそ7年ぶりに、ことし8月から値上げすることを決めました。



発表によりますと、対象となるのはカレーのルーやレトルトの商品など家庭用と業務用の合わせておよそ480品目で、ことし8月15日の納品分から値上げします。

引き上げ幅は、いずれも税別で、家庭用では、カレーのルーや調味料などがおよそ10%、レトルトカレーがおよそ5%で、業務用ではカレーのルーや香辛料などが平均7%としています。

主力商品のカレーなどの値上げは家庭用、業務用ともにおよそ7年ぶりです。

理由について会社では、海外から輸入している油脂や小麦などの原材料価格の高騰に加え、原油高に伴うエネルギー価格や物流費の上昇などが進み、企業努力だけではコストを吸収しきれないためだと説明しています。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


※関連リンク
https://housefoods-group.com/newsrelease/index.html

2022年05月11日
企業情報・IR
ハウス食品
家庭用・業務用製品 価格改定のお知らせ(PDF )


【ハウス食品「バーモントカレー」「フルーチェ」など8月値上げ】の続きを読む


ロードサイド店舗(ロードサイドてんぽ)とは、幹線道路など通行量の多い道路の沿線において、自家用車・オートバイ(原動機付自転車)でのアクセスが主たる集客方法である店舗のこと。特に郊外の主要幹線道路沿いに立地するものを指す場合が多い。「ロードサイド」とは沿道のこと。
16キロバイト (2,086 語) - 2022年4月15日 (金) 02:41
客単価が良いのか

1 孤高の旅人 ★ :2022/05/11(水) 11:24:23.95

好調「回転すし」市場、コロナ禍で過去最高へ 大手チェーン、10年で800店増加 課題は魚価高騰、「1皿100円」で食べられなくなる可能性も
5/11(水) 6:37配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/77a84fdd28bce80f28af5af1f1c3bfb2360f9250

 コロナ禍で外食産業が苦戦するなか、「回転すし」市場の好調ぶりが際立っている。スシローやくら寿司など大手を中心とした2021年度の国内回転すし市場(事業者売上高ベース)は、10年前の4636億円(2011年度)から1.6倍の規模に拡大、前年からも約600億円増加し、7400億円(8.3%増)を超える見込みとなった。

 前年度(20年度)は、4~5月を中心にコロナ禍にともなう休業や時短営業などが響き、前年比で売り上げが最大7割減少する回転すしチェーンも発生するなど厳しい状況で、過去10年で初めての減少となった。2021年度もこうした影響が残ったものの、前年度後半から売り上げを伸ばしたテイクアウト需要が売り上げを下支えした。地方の回転すしチェーンでは、コロナ前の水準には及ばないものの、帰省による「ごちそう需要」や、観光客向けの需要が復調傾向にある。

 積極的な店舗展開も業績を押し上げた。大手5社の店舗数を調査したところ、2022年2月末時点では約2200店となり、コロナ前の2019年度から150店増加、10年前からは800店増加し、10年で1.6倍規模に拡大した。主要立地となる郊外ロードサイドを軸に店舗網を広げてきた大手回転すしチェーンでは、新たにターミナル駅近隣に小規模店を出店するなど、これまで手薄だった都市部での開拓をより強化する動きがみられる。

1世帯当たりの消費額、10年前の1.5倍にコロナ前の水準に回復
回転すしの 1 世帯当たり消費額

以下はソース元 

関連スレ
【回転寿司チェーン】スシロー2022年10月値上げへ、新価格は「黄皿120円」「赤皿180円」「黒皿360円」 ★3 [孤高の旅人★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652091545/


【回転すし市場がコロナ禍で過去最高の売上へ、課題は魚価高騰】の続きを読む

このページのトップヘ