経済


横浜中華街(よこはまちゅうかがい)は、神奈川県横浜市中区山下町にある中華街である。1955年以前は唐人町や南京町と呼ばれていた。華僑の出身地は広東省が比較的多いが、中国各地に分散している。上海路、中山路、福建路など、地名を冠した路地が交差しており、各路地には、当該地の出身者が多い。所在地である中区
22キロバイト (3,024 語) - 2021年8月2日 (月) 16:53


飲食には一縷の望みだよね

1 どどん ★ :2021/10/14(木) 02:22:00.03

 横浜中華街の広東料理店「招福門」(横浜市中区)は12日から、新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した人に向けたキャッシュバックキャンペーンを開始した。安心・安全な外食機会を提供し、来店客の増加にもつなげる考えだ。

 対象のメニューは、小籠包(ショウロンポウ)や蒸し餃子(ギョーザ)など25種類の点心が楽しめる「香港飲茶食べ放題コース」(2時間制、大人3500円)。ワクチンの接種券や接種証明書を会計時に提示すると、1人当たり千円返金される。大人料金の客(中学生以上)に限るという。

 北村徹総支配人は「コロナ禍でキャッシュバックのキャンペーンをするのは横浜中華街の中でも初めて。混雑していない時間帯の来店を促していく」と話す。

 時間指定制となっており、平日は午前11時半と午後5時、土日・祝日は午前11時と午後5時からの各2時間。インターネット予約限定で、同店の予約サイトのみで受け付けている。11月30日までの予定。
神奈川新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/52804cce0441f1f807844e1bfbb659aac25585ff


【横浜中華街で初、ワクチン2回接種者に千円キャッシュバック】の続きを読む


代替肉(だいたいにく)とは、動物を屠殺して得る食肉の代替として、大豆など植物性原料を使い、の食感に近づけた食品である。 プラントベースドミート(PBM)、フェイクミート、大豆ミート、大豆、ソイミート(soy=大豆)、疑似、植物性タンパク、アナログミート、ダミーミートなどとも呼ばれる。
49キロバイト (6,884 語) - 2021年10月15日 (金) 16:37


今までの肉自体も良いモノかはそれぞれの考え

1 ののちゃん(東京都) [CN] :2021/10/16(土) 01:07:50.95


アメリカのマクドナルドが、植物由来の代替肉を使ったハンバーガーを試験的に販売すると発表した。

アメリカのマクドナルドは14日、エンドウ豆や米など、植物由来の原料による「代替肉」を使ったハンバーガーを、11月3日から、国内8つの店舗で試験販売すると発表した。

代替肉が、健康面だけでなく、環境問題の観点からも注目される中、マクドナルドは、ヨーロッパの一部で代替肉を使ったハンバーガーをすでに商品化しているが、アメリカ国内での販売は初めて。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8aaa0f8953eaeac48a9dc198f4c9a7185f7e3596


参考モスバーガー


【アメリカ マクドナルドが代替肉バーガーを試験販売を開始】の続きを読む


コクヨ株式会社は、文房具やオフィス家具、事務機器を製造・販売する会社。 ブランドメッセージは「ひらめき はかどり ここちよさ」。またCMなどで「コクヨのヨコク」も用いられる。 代表的な商品には、1975年(昭和50年)から2014年(平成26年)の39年間で累計約26億冊を出荷した「Campus(
19キロバイト (2,226 語) - 2021年9月28日 (火) 15:50


文具までにも影響か…

1 記憶たどり。 ★ :2021/10/16(土) 07:34:49.56

https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000232108.html

食品やガソリンの値上げが相次ぐなか、文具メーカーのコクヨは来年1月1日から
ノートやハサミなどを値上げすると発表しました。

値上げするのはバインダー型のノートなど20品目です。

値上げ価格は平均8%で、バインダー型ノート(968円)は66円値上がりして1034円になります。

コクヨが文具を値上げするのは2019年の7月以来、2年半ぶりです。

バインダーの金具部分やハサミ、ホッチキスなどに使われる鋼材価格の高騰が影響しているということです。

また、コクヨはオフィス用の家具製品も同時期に値上げすると発表しました。

値上げについてコクヨは「企業努力だけでは困難であると判断し、今後も商品を安定して供給させて頂くため」
と説明しています。


【コクヨがハサミなど文具20品目を値上げ、鋼材価格高騰のため】の続きを読む


アサヒスーパードライは、アサヒビールが製造、販売しているビール。1987年3月より販売が開始される。スタイルはドライビール。アサヒスーパードライの登場で、日本のビール市場にドライビールというジャンルが定着した。また、日本のビール業界で発生したドライ戦争の引き金となったビールである。なお、2017年3月に発売開始から30周年を迎えた。
66キロバイト (9,137 語) - 2021年9月11日 (土) 16:13


捨てるのも面倒だったからな

1 速報 ★ :2021/10/15(金) 19:26:53.91

アサヒスーパードライ、紙資材を簡素化した「エコパック」

加藤綾2021年10月15日 17:20

アサヒビールは「アサヒスーパードライ」の6缶パックで、紙の使用量を削減した「エコパック」を採用。ライフやドラッグストアの一部店舗にて10月19日からテスト販売する
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1358902.html



アサヒビールが使用している6缶パック資材は、年間で約4.6億枚。仮に同社が製造する6缶パック全てをエコパックに切り替えた場合、年間で紙の使用量を約8,800t、資材製造に伴うCO2排出量を7,400t削減できるとしている。


【スーパードライ、紙資材を簡素化「エコパック」試験的に販売】の続きを読む


^ 同年末もしくは翌年春。 ^ 松方正義が輸入したフランス式石臼製粉機で1879年5月操業。 ^ 志摩万次郎は、隣接する日本製鐵の創立事務を手掛けた人物で雨宮の知人。利根運河の建設に関係したことでも知られる。 ^ 1889年の関税法改訂により輸入小麦粉に関税がかけられるようになりさらに競争力を増した
26キロバイト (3,138 語) - 2021年8月25日 (水) 16:58


財布の紐が固くなるか

1 マスク着用のお願い ★ :2021/10/15(金) 16:52:11.40

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211015/k10013308601000.html
業務用小麦粉 値上げへ 今後パンなどの値上げにつながる可能性

大手製粉メーカー3社は、ことし12月下旬から、業務用の小麦粉の価格を値上げすると発表しました。政府から売り渡される輸入小麦の価格が引き上げられたためで、今後、パンやうどんなどの値上げにつながる可能性があります。

発表によりますと、製粉大手の日清製粉とニップン、昭和産業の3社は、ことし12月20日の出荷分から業務用の小麦粉を値上げします。

いずれも25キロ当たりの価格で、パンなどに使われる強力粉を315円、うどんや菓子に使われる中力粉や薄力粉については、▽日清製粉と昭和産業が345円、▽ニップンは340円、それぞれ値上げします。

国内で消費される小麦の多くは海外産で、政府が一括して輸入していますが、主な産地の北米の天候不良や輸送コストの上昇、それに円安が進んだ影響で、製粉会社などに売り渡される輸入小麦の価格が今月から、主な5つの銘柄の平均で19%引き上げられていました。

このため製粉メーカー各社は値上げを決めたもので、今後、小麦粉を使うパンや、うどんなどの値上げにつながる可能性があります。

2021年10月15日 16時24分
NHK


【ニップンが業務用小麦粉の値上げ発表、今後パンや麺類に影響】の続きを読む

このページのトップヘ