報道


近松門左衛門『卯月の潤色(いろあげ)』1707年(宝永4) 近松門左衛門『心中重井筒(しんじゅうかさねいづつ)』1707年(宝永4) 近松門左衛門『今宮の心中』1711年(正徳元年) 近松門左衛門『心中天網島』1720年(享保5年) 近松門左衛門『心中宵庚申』1722年(享保7年)竹本座 紀海音『心中二つ腹帯』1722年(享保7年)豊竹座
3キロバイト (345 語) - 2015年10月21日 (水) 01:32


罪人になりたくなくともなってしまった

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/12/03(金) 05:18:42.24

2021年12月01日(水) 09時18分 更新

 11月30日未明、北海道南部の七飯町の公園の駐車場で、妻の自殺を手助けしたとして50歳の男が逮捕されました。夫婦で自殺をはかるも、男は「死にきれず、妻だけが死んでしまった」などと話しているということです。

 自殺幇助の疑いで逮捕されたのは、北斗市の50歳の飲食店経営の男です。この男は11月30日午前0時半ごろ、七飯町の公園の駐車場にとめた車の中で、50代の妻の自殺を手助けした疑いが持たれています。
 警察によりますと、男は妻と夫婦で自殺をはかり、妻がコードで首を吊って死亡するのを手助けしたとみられています。男の首にも“ためらい傷”らしきものが確認されていますが、男は消防に通報し、11月30日夜、自殺幇助の容疑で逮捕されました。
 取り調べに対して50歳の飲食店経営の男は「2人で自殺しようとしたが、私は死にきれず、妻だけが死んでしまいました」などと話しているということです。
 また、夫婦で自殺をはかった理由については、飲食店の経営難を苦にしたという趣旨の供述をしていて、警察は妻の遺体を司法解剖し、死因の特定をすすめるとともに、引き続き経緯などを詳しく調べています。


12月1日(水)午前9時18分配信

https://www.hbc.co.jp/news/c64bebd1d350cf702ad56f51385b996e.html


【北海道 経営難で夫婦心中図るも…幇助で夫逮捕「死にきれず」】の続きを読む


強制性交等罪(きょうせいせいこうとうざい)とは、暴行又は脅迫を用いて13歳以上の人に性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」)をし、または、13歳未満の人間に性交等をする犯罪である。刑法177条に定められている。かつては被害者が女性の場合のみ適用される強姦罪(ごうかんざい)であった。刑法改正案が2
46キロバイト (7,518 語) - 2021年11月8日 (月) 20:51


スラム街か

1 凜 ★ :2021/12/03(金) 01:41:09.91

■TBS(2日 16時54分)

 東京・上野のアメ横で面識のない20代の女性に対し、路上で性的暴行を加えようとしたとして、24歳の男が逮捕されました。

 強制性交未遂の疑いで逮捕されたのは、東京・町田市の自称大学生の国広一仁容疑者(24)で、今年10月、午前3時ごろに上野のアメ横の路上で20代の女性に対し、性的暴行を加えようとした疑いが持たれています。

※以下省略、続きはリンク先でお願いします
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4418322.html


【東京 アメ横の路上で20代女性を押し倒し性的暴行未遂で男逮捕】の続きを読む


伊勢中川駅(いせなかがわえき)は、三重県松阪市嬉野中川新町一丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)の駅。駅番号は、大阪線が「D61」、名古屋線が「E61」、山田線が「M61」。 大阪線は当駅が終点、名古屋線・山田線は当駅が起点である。 以前は単に「中川駅」とアナウンスされていたことがあり、車両の方向幕も「中川」表記とされている場合がある。
35キロバイト (3,334 語) - 2021年10月16日 (土) 18:12


これは解決して欲しいよ

1 アンタレス(愛知県) [US] :2021/12/03(金) 06:53:21.90


ひき逃げ後に山に遺棄され死亡した弟 立ちはだかる時効の壁に三重県警が異例の判断
2021年11月27日 08:00 名古屋テレビ放送

10年前、三重県松阪市で男性の遺体が見つかった事件は、未解決のまま今月時効を迎えようとしていましたが、警察は「異例の判断」で捜査を続けます。

一瀬信臣(47)さんは10年前、5歳下の弟を亡くしました。
「この下の大木の所で敦が引っかかっていて、発見されたわけですけど、ここで寒い、寒いと思いながら、11月で寒かったから亡くなっていたかもしれんし。そう考えていたら涙が出ますよね、今でも」

2012年3月、当時33歳だった弟の敦さんは、松阪市の山林で遺体となって見つかりました。
司法解剖の結果、後頭部が骨折していたほか、背中の広い範囲に、皮下出血の跡が確認されました。
さらに松阪市内の県道沿いで敦さんの私物が見つかったことなどから、警察は、敦さんが遺体発見の4カ月前、
近鉄伊勢中川駅から会社の寮に向かう途中、車にひき逃げされ、その後、20キロ離れた山林に遺棄されたとみて、捜査を始めました。

しかし、現場に残された物証などは乏しく、捜査は難航。
警察は、死体遺棄・道路交通法違反のひき逃げ、自動車運転過失致死の疑いで捜査を進めてきましたが、死体遺棄と道路交通法違反は時効が成立。
残る自動車運転過失致死も、2021年11月20日が時効となっていました。

■時効が20年間となる「保護責任者遺棄致死」
ひき逃げされた時点で、敦さんは、まだ生きており犯人は「保護する責任」があったにもかかわらず、遺棄して死なせたという容疑です。
ひき逃げ事件を、保護責任者遺棄致死容疑に切りかえたのは三重県警で初めてのケース。1年前から検察庁と協議を重ねた上での異例の判断でした。

三重県警:
「内容が他のひき逃げに比べてかなり悪質に思われます。本県におきましても前例がない。全国におきましても同一事案がありませんでしたので、
検察庁と相談を重ねた上で、保護責任者遺棄致死容疑で行こうということで判断しています」



【ひき逃げ後に山に遺棄し死亡の事件、三重県警が時効10年延長】の続きを読む


徳島市阿波おどり(とくしまし あわおどり)は、徳島県徳島市で毎年8月12日 - 15日のお盆期間に開催される盆踊りである。江戸時代より約400年続く日本の伝統芸能の一つ。 阿波踊り発祥の地である徳島県(旧阿波国)では8月になると各地で阿波踊りが開催され、徳島市阿波
32キロバイト (4,791 語) - 2021年8月27日 (金) 12:17


危害が及ぶ前で良かったね

1 七波羅探題 ★ :2021/11/30(火) 23:29:12.07

FNN2021年11月30日 火曜 午後6:33
https://www.fnn.jp/articles/-/278156

病院に勤務する70代の女性に対するストーカー行為の疑い 48歳の男を逮捕 包丁を示すなどした疑いも

徳島市で70代の女性に対し、勤務先に押しかけたり包丁を示したりするなど、ストーカー行為をした疑いで30日、男が逮捕されました。

ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは徳島市に住む、無職の48歳の男です。

男は11月中旬、徳島市内に住む70代の女性が勤務する病院に押しかけたり、病院内で刃渡り20センチの包丁を示すなどした疑いが持たれています。

警察によると、男は今月19日に病院で包丁を所持した銃刀法違反の現行犯で逮捕されています。

男は持病のために、この病院に何度か通院したことがあったため女性とは顔見知りで、その後の調べで女性に対する好意などから行った趣旨の供述をしたため、30日の逮捕に至ったということです。

調べに対し男は「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は犯行に至った経緯等を詳しく調べています。

関西テレビ


【徳島 病院勤務の70代女性にストーカー…包丁所持で48歳男逮捕】の続きを読む


共食い(ともぐい)は、動物においてある個体が同種の他個体を食べることである。この現象になぞらえて、同業者同士で利益を得ようとして共倒れすることも共食いと呼ばれる。なお、ヒトがヒトを食う共食いに関してはカニバリズムを参照。英語では同業者同士で利益を得ようとして争うことをdog eat dogと言う。
10キロバイト (1,638 語) - 2021年8月28日 (土) 12:39


海洋生物にも疫病

1 ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [ニダ] :2021/12/02(木) 14:32:34.51


【宮古島】沖縄県の宮古島漁業協同組合が宮古島市内の漁港で養殖するクルマエビ約140万匹が、急性ウイルス血症(PAV)の感染でほぼ死滅していたことが1日までに分かった。同漁協によると養殖開始から28年で初の出荷ゼロとなり、損害は約1億円になるとみられる。感染経路は不明で来期の養殖再開も不透明な状況に陥っている。市内の他の養殖業者での感染は確認されていない。

 漁協から報告を受けた県は2日、県水産海洋技術センターの職員を派遣する。現地調査を実施した上で漁協や市と対策協議会を開く。

 県や宮古島漁協によるとPAVは甲殻類に感染するウイルスで人にはうつらない。エビは共食いする習性があり、感染したエビを食べて感染が拡大する。

 漁協は1993年からクルマエビ養殖を始めた。久米島から仕入れた稚エビを3つの養殖池(約1万4千平方メートル)で飼育する。病気の有無などは毎月、県水産海洋技術センターにサンプルを提出して管理して確認してきた。

 宮古島漁協の養殖池では2016年の検査で初めてPAV感染を確認した。以降は毎年、感染したエビが出ていたが、出荷時期(11月下旬)に重なっていたため感染個体を取り除いて出荷できていた。だが感染による出荷量の減少が響き、16年以来、養殖事業は赤字が続いていた。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1432247.html


【宮古島の養殖クルマエビ約140万匹死滅、ウイルス血症が流行】の続きを読む

このページのトップヘ