演芸


ねぎし事務所 (ねぎしじむしょ) は、東京都台東区根岸にある初代林家三平一門の落語家及び初代三平の息子や孫のマネージメントを行う芸能事務所である。 代表取締役社長は、初代三平夫人の海老名香葉子である。 現在所属てるのは初代三平の長男・九代目林家正蔵、初代三平の次男・二代目林家三平
3キロバイト (183 語) - 2021年12月21日 (火) 03:55


終身名誉は変わらない

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/23(木) 19:46:05.98

12/23(木) 18:42
東スポWeb

林家三平が26日にラスト「笑点」 タオル投げ込まれたことに安堵の声も
笑点を卒業する林家三平(東スポWeb)
 日本テレビのお笑い長寿番組「笑点」で、大喜利メンバーを務めていた落語家の林家三平(51)が、26日放送を最後に番組を卒業する。

 先週19日放送では、司会の春風亭昇太から促され「私、二代三平は今年をもって笑点から離れる決意をしました。この5年半、お世話になりました。ありがとうございました」とあいさつ。続けて「しかし、この5年半、一度も座布団10枚を取ったことがありません。ですから、表に出て自分のスキルを上げて、座布団10枚を獲得するためにも勉強し直してまいります。体を鍛え、心を鍛え、芸の幅を広げて、いろんな経験をして戻ってまいります。本当にありがとうございました」と悲壮感を漂わせた。

 三平は自身のツイッターでも「笑点を離れる事になりました。若手として元気に頑張ったのですが実力不足と理解しております。番組の最後に、また戻ってきますとは言ったものの、そんなに簡単な事ではないのも承知しています。落語に限らず様々な経験を積み、勉強し直したいと思います。引き続き応援よろしくお願い致します」と心境を綴った。

 文面にもあるように、降板の理由は実力不足。三平は2016月5月から番組の〝若返り〟を狙って抜擢されたが、終始空回り気味だった。笑点ウォッチャーの男性は「奥さんが美人女優の国分佐智子さんということで、〝嫁ネタ〟を話すことがありましたが、客席の反応はイマイチ。ついには他の笑点メンバーからイジられ、それでやっと笑いが起きるといった状況でした」と話す。

 本人もプレッシャーを感じていたのだろう。出演当初に比べると、ふっくらした顔はやせこけ、激ヤセを心配する声まで上がった。

 ある意味、今回の降板は番組サイドからタオルを投げ込まれたようなもの。三平は22日、ツイッターで「皆様からのお言葉、大切に読ませて頂きました。有難う御座いました。健康面の心配のコメントありがとうございます! 私は元気いっぱいです!」と気丈に振る舞ったが…。

 お笑い関係者は「三平さんの苦悩を知る人にとっては、今回の降板に安堵している人も多いそうです。根は真面目で明るい人。再起に期待したいですね」と語る。

 三平のラスト笑点は様ざまな思いが交錯しそうだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c4972770f0d78114ba0ebbf342d2673bcecf635c


【林家三平が26日の「笑点」で卒業に安堵の声、実力不足否めず】の続きを読む


にもかかわらず、一時期ダイヤモンドネックレスなども含まれていた。 いずれも日本標準時。 江戸家小猫 ライオネス飛鳥 林家いっ平(後の2代目林家三平) - この番組のレギュラーになた後、『GAME Jockey II』の2007年3月29日放送分までアルファ放送制作のゲーム番組に出演し続けた。 島崎和歌子
10キロバイト (582 語) - 2021年9月3日 (金) 07:45


こんなに内外から酷評受ける人も珍しい

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/28(日) 16:15:17.08


11/28(日) 9:06
日刊ゲンダイDIGITAL

日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず
加入5年目でもキャラクターを見つけられていない…(C)日刊ゲンダイ
 林家木久扇:芸術の秋とかけて、三平さんの答えを聞いた時と解く。
 
 春風亭昇太:その心は?
 
 林家木久扇:……え(絵)?

不倫謝罪会見に妻同伴 峰竜太“恐妻家キャラ”で好感度回復

 番組開始から56年目に突入した「笑点」(日本テレビ系)は最近も世帯視聴率14%前後を獲得。テレビ離れが進む中で堅調な数字を保っているが、悩みは尽きない。

「ひとつは出演者の高齢化です。人気コーナーの大喜利メンバーには、84歳の木久扇を筆頭に70代も3人おり、司会の昇太も還暦を超えている。うまく世代交代をできるかが今後の大きな課題でしょう」(演芸関係者)

 5年前、桂歌丸が勇退し、昇太が代わりに司会に座った。新しい回答者として林家三平が抜擢されたが、番組に爪痕を残しているとは言い難い。

■母や美人の嫁のネタは定着せず

「三平も大きな悩みの種です。『笑点』の回答者には6代目三遊亭円楽は腹黒、木久扇はバカというように、おのおのキャラクターがあり、互いをイジりあって笑いを生み出している。しかし、三平は加入から5年すぎても、いまだにキャラクターを見つけられていない。お節介な母や美人の嫁(女優の国分佐智子)をネタにしていますが、定着していません」(同前)

 11月7日は異例の放送となった。いつもの演芸コーナーと大喜利ではなく、BS日テレ「笑点 特大号」に出演中の若手落語家6人が登場し、通常のメンバーと「対抗大喜利」を行い、30分の編成をこの1本のみに絞った。冒頭の木久扇の回答はその時のものだ。

「三平はあまりボケに挑戦せず、うまい回答に逃げている節があります。しかし、往年の歌丸さんのようなうまさからは程遠いし、ボケても会場がシーンとなることも少なくない。木久扇さんがイジったように『三平はつまらない』と言われて、ようやく存在感が出る。スタッフも三平に頭を悩ませているようです」(民放関係者)

 最近のテレビ界は視聴者の若返りを目指しており、日本テレビもターゲット層を13歳から49歳に絞っている。

「『笑点』の主な視聴者層は50代以上。しかも、数字が堅調とはいえ20%が当たり前だった頃と比べて下がっている。裏番組でNHKの大相撲中継がある時に1ケタに落ちたこともあったし、スタッフは安堵していられない。異例の『対抗大喜利』はその表れです。今の視聴者に若手落語家の名前を覚えてもらって世代交代をスムーズにしたい狙いもあるし、三平の尻に火をつける意味合いもある」(同前)

■ダメな回答者の降板は珍しくない

 最近の大喜利メンバーの交代は林家こん平、5代目三遊亭円楽、桂歌丸といずれも体調不良が原因だったが、55年の歴史の中では調子の上がらない回答者の降板は珍しくなかった。

「5代目円楽が司会をしていた90年代以降、ずっと視聴率が良かったので、動きがなかっただけ。もう少し数字が下がるようだと、日本テレビもなりふり構っていられなくなる。近い将来、メンバーの交代があってもおかしくありません」(同前)

 三平の奮起を望みたい。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5b090aff254442defeadedfec568843f44214e2e


【「笑点」に林家三平が加入から5年目でもキャラを確立できず】の続きを読む


ティーパーティー(tea party) 茶会のこと。お茶会。 ボストン茶会事件(The Boston Tea Party) - アメリカで1773年に起こった事件。ボストン・ティーパーティーティーパーティー運動 - アメリカで2009年から始まった政治運動。上記の事件にちなんで名付けられた マッド・ティーパーティー
952バイト (166 語) - 2021年9月27日 (月) 19:53


この話は録音素材作れるよ

1 伝説の田中c ★ :2021/11/06(土) 20:22:52.76 ID:CAP_USER9.net

 お笑いコンビ「アンガールズ」田中卓志(45)が3日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演し、“港区女子”を嫌うようになった激怒エピソードを新たに語った。

 かねてから「港区には近づいてはいけない」と女性ゲストに言い続けてきた田中。以前の放送で、そう思うようになったきっかけは、お笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸(44)、お笑いコンビ「ロッチ」の中岡創一(43)と参加した“港区女子”との合コンでの出来事。その合コンで、女性陣が田中、中岡、坪倉の3人に順位を付けたところ全員が田中を最下位にしたという。

 しかし、嫌うようになった出来事はそれだけではなかった。それは、坪倉の家で、中岡、ケンドーコバヤシ(49)ら男性芸人と鍋をつついていた時のこと。急に、中岡が「ちょっと女子呼んどんねん」と報告してきたという。田中は「えーっていって。聞いてなかったから。俺は男芸人だけでワイワイやる会で良かったのに」と思ったが「もう来てんねんって言い始めるから」仕方なく承諾。

 「ピンポーンって鳴って、オートロックのところの画面見に行ったら、写ってるのが“港区女子”が3人いたのよ。やばいと思って」と合コンでの嫌な記憶がよみがえったという田中。「でも、外見で人を判断するのはよくないなと思って、どうぞーって言ったのよ。家の中に入ってきて、女の子たちが俺たちに一切あいさつもせずに奥のソファーに行って、3人で座ってしゃべり始めたの」と説明。「俺はいいわと。ケンコバさんとかさ、先輩方がいるのに。まず、人の家だよ。そこにあいさつもなくなんで奥に行くんだよ」と語った。

 田中は「でも、中岡が連れてきた子たちだから、中岡がその子たちを紹介すればいいや。それでギリギリ許そうと」と怒りを抑えたというが、中岡はソファーに行って座って普通に女子としゃべり始めたのだとか。「俺はその時に、カチーンときて」、1人で帰ったという。「こんな被害に遭う?短期間に“港区女子”に。2回強烈なパンチ食らってんの。おかしいよね、人の家に来てあいさつもせずに奥に行くって」と嘆いていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5e819cd6a0aab7e936c62a8a107d9b0a9b33d809


【【古典】アンガールズ田中、“港区女子”が天敵となった顛末】の続きを読む


伊丹十三賞(いたみじゅうぞうしょう)は、映画監督・エッセイスト・俳優など様々な分野で活躍した伊丹十三の遺業を記念に創設した賞である。伊丹十三記念館を運営しているITM伊丹記念財団、一六本舗(理事長・社長:玉置泰)が主催する。 西暦の奇数年はエッセイ・ノンフィクションなどの言語表現、偶数年は映画・ド
2キロバイト (315 語) - 2021年7月28日 (水) 14:27


実力があるのはもちろんだけどそれを上回る悪意(笑)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/28(水) 13:03:54.54

7/28(水) 11:24配信
スポーツ報知

清水ミチコ

 ITM伊丹記念財団は28日、第13回伊丹十三賞にタレントの清水ミチコを選出したと発表した。

 映画、テレビ、エッセイ、デザインなど故・伊丹十三さんが才能を発揮した分野において、優秀な実績をあげた人に贈る賞。清水は「コロナの時代にYouTubeを使って活動の場を広げ、あたらしい笑いと驚きをつくりだした」として選出された。新型コロナウイルスの感染拡大以降、自身のYouTubeチャンネル「シミチコチャンネル」で小池百合子東京都知事らのモノマネが人気を集めている。

 清水は「賞をいただき、驚きました。心から感謝します。日々、ただコツコツと静かにふざけていたことが認められたことは、何より励みになります。吉報を電話で聞いた時は『受賞したので、ここにいくらか振り込んでください』という詐欺かと思ってしまったことも、ここに告白いたします。勝手ながら、私のレパートリーとさせてもらってきた皆さんのおかげでもあります。心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございました」とコメントを寄せている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/268cff31a2522bf30248c336d1dfbac3e5af63e7


【清水ミチコが伊丹十三賞を受賞、優秀な実績を上げた人として】の続きを読む

「笑点だから」と許されている部分はある──変化を続けて55年、長寿番組の裏側

(出典 Yahoo!ニュース オリジナル 特集)

コンプライアンス(英語: compliance) 遵守、従順 企業コンプライアンス - 企業の法令遵守。 服薬コンプライアンス - 患者が薬を薬剤規定どおりに飲むこと。 規格に適合すること。 機械的コンプライアンス - 物体の変形しやすさを示す物理量。バネ定数の逆数で単位はm/N。 弾性コンプライアンス
907バイト (112 語) - 2020年2月24日 (月) 23:01



(出典 live.staticflickr.com)


不変は厳しいかもしれないけどテレビ演芸の聖域だと思います

1 オリンピック予選スラム(京都府) [GB] :2021/05/29(土) 21:21:28.71


https://news.yahoo.co.jp/articles/b33fd4470f56f23ce0d4eb06d153bccfd4f465b9

「笑点だから」と許されている部分はある──変化を続けて55年、長寿番組の裏側

『笑点』が55周年を迎えた。近年、動画配信サービスの発達や、視聴率の基準が世帯からコアターゲット(13~49歳)重視に変わるなど、テレビを取り巻く状況は大きく変わりつつある。コンプライアンス順守の風潮も、番組制作の仕方に影響を及ぼしている。安定飛行を続けるように見える希代の長寿番組は、社会の変化にどう対峙していくのか。担当プロデューサーに聞いた。

昨今の『笑点』で目にしなくなったものがある。林家たい平のオネエキャラ、山田隆夫のダイビング突っ込み……。視聴者の抗議や世の中の潮流に敏感になっているのだろうか。

「たい平さんのオネエネタは、LGBTの方々に配慮すべきと判断して3年ほど前にやめました」

座布団運びの山田はたい平にイジられると、舞台袖から猛突進して体当たりしていたが、新型コロナウイルスの蔓延前から、その光景は見られなくなっていた。

「突き飛ばして、指をケガしたんですよね。単なる自爆です(笑)」

「木久扇さんが突き飛ばされた時、すごく痛がって『あれはないよ……』とつぶやいたこともありました。山田さんは手加減できない人なんです(笑)。ご時世的にやり過ぎるのも良くないという考えもありました。しかも、コロナで相手に触れられなくなった。いろんなことが積み重なっての結果です」(福田氏)

『大喜利』で司会の春風亭昇太が山田を紹介する時、〈落ちぶれた赤レンジャー〉〈『笑点』のゴールデンウィークポイント〉などとイジり過ぎると、視聴者からクレームが入ることがあるという。

「『山田くんイジメだ』というメールがあるんですね。あくまで演出の一つなのですが、そういう風に捉えられる方もいらっしゃるのは、昔と違う部分かも知れません。だから、たまには山田さんを〈紅葉のように赤く美しい〉と昇太師匠に持ち上げてもらうなど微妙なあんばいを考えています」(福田氏)

コンプライアンス順守という風潮の影響もあるだろう。三波伸介司会時代の1982年4月から制作に関わっている飯田氏はこう明*。

「昔と比べて、社会の寛容度が低くなっていると、5~6年前から感じるようになりました。SNSの発達が大きいでしょうね。世の中にはいろんな方がいらっしゃるから、批判は仕方ありません。昔は電話で、お酒を召し上がって気分が良くなった方が『急に俺のことを言われた。ふざけんな』と抗議してくることもありました。今は字面だけなので、相手の状態がわからない。そこが難しいですね」


【『笑点』から見る社会の風潮】の続きを読む

このページのトップヘ