演芸


伊丹十三賞(いたみじゅうぞうしょう)は、映画監督・エッセイスト・俳優など様々な分野で活躍した伊丹十三の遺業を記念に創設した賞である。伊丹十三記念館を運営しているITM伊丹記念財団、一六本舗(理事長・社長:玉置泰)が主催する。 西暦の奇数年はエッセイ・ノンフィクションなどの言語表現、偶数年は映画・ド
2キロバイト (315 語) - 2021年7月28日 (水) 14:27


実力があるのはもちろんだけどそれを上回る悪意(笑)

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/28(水) 13:03:54.54

7/28(水) 11:24配信
スポーツ報知

清水ミチコ

 ITM伊丹記念財団は28日、第13回伊丹十三賞にタレントの清水ミチコを選出したと発表した。

 映画、テレビ、エッセイ、デザインなど故・伊丹十三さんが才能を発揮した分野において、優秀な実績をあげた人に贈る賞。清水は「コロナの時代にYouTubeを使って活動の場を広げ、あたらしい笑いと驚きをつくりだした」として選出された。新型コロナウイルスの感染拡大以降、自身のYouTubeチャンネル「シミチコチャンネル」で小池百合子東京都知事らのモノマネが人気を集めている。

 清水は「賞をいただき、驚きました。心から感謝します。日々、ただコツコツと静かにふざけていたことが認められたことは、何より励みになります。吉報を電話で聞いた時は『受賞したので、ここにいくらか振り込んでください』という詐欺かと思ってしまったことも、ここに告白いたします。勝手ながら、私のレパートリーとさせてもらってきた皆さんのおかげでもあります。心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございました」とコメントを寄せている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/268cff31a2522bf30248c336d1dfbac3e5af63e7


【清水ミチコが伊丹十三賞を受賞、優秀な実績を上げた人として】の続きを読む


『小朝 三平』についてTwitterの反応


泰葉(やすは、1961年1月17日 - )は、東京都出身のシンガーソングライター、タレント、プロデューサー。血液型A型。初代林家三平の次女。春風亭小朝の元妻。本名:海老名 泰葉(えびな やすは)。 所属事務所は、小澤音楽事務所→レッドバス・エンタープライズ(結婚による芸能界引退まで)→アイアン・キャ
26キロバイト (2,586 語) - 2021年7月7日 (水) 14:12


応酬が見たかったが太刀打ちが…

【『春風亭小朝が木久扇の代打で笑点出演…三平冷や汗』への声】の続きを読む

「笑点だから」と許されている部分はある──変化を続けて55年、長寿番組の裏側

(出典 Yahoo!ニュース オリジナル 特集)

コンプライアンス(英語: compliance) 遵守、従順 企業コンプライアンス - 企業の法令遵守。 服薬コンプライアンス - 患者が薬を薬剤規定どおりに飲むこと。 規格に適合すること。 機械的コンプライアンス - 物体の変形しやすさを示す物理量。バネ定数の逆数で単位はm/N。 弾性コンプライアンス
907バイト (112 語) - 2020年2月24日 (月) 23:01



(出典 live.staticflickr.com)


不変は厳しいかもしれないけどテレビ演芸の聖域だと思います

1 オリンピック予選スラム(京都府) [GB] :2021/05/29(土) 21:21:28.71


https://news.yahoo.co.jp/articles/b33fd4470f56f23ce0d4eb06d153bccfd4f465b9

「笑点だから」と許されている部分はある──変化を続けて55年、長寿番組の裏側

『笑点』が55周年を迎えた。近年、動画配信サービスの発達や、視聴率の基準が世帯からコアターゲット(13~49歳)重視に変わるなど、テレビを取り巻く状況は大きく変わりつつある。コンプライアンス順守の風潮も、番組制作の仕方に影響を及ぼしている。安定飛行を続けるように見える希代の長寿番組は、社会の変化にどう対峙していくのか。担当プロデューサーに聞いた。

昨今の『笑点』で目にしなくなったものがある。林家たい平のオネエキャラ、山田隆夫のダイビング突っ込み……。視聴者の抗議や世の中の潮流に敏感になっているのだろうか。

「たい平さんのオネエネタは、LGBTの方々に配慮すべきと判断して3年ほど前にやめました」

座布団運びの山田はたい平にイジられると、舞台袖から猛突進して体当たりしていたが、新型コロナウイルスの蔓延前から、その光景は見られなくなっていた。

「突き飛ばして、指をケガしたんですよね。単なる自爆です(笑)」

「木久扇さんが突き飛ばされた時、すごく痛がって『あれはないよ……』とつぶやいたこともありました。山田さんは手加減できない人なんです(笑)。ご時世的にやり過ぎるのも良くないという考えもありました。しかも、コロナで相手に触れられなくなった。いろんなことが積み重なっての結果です」(福田氏)

『大喜利』で司会の春風亭昇太が山田を紹介する時、〈落ちぶれた赤レンジャー〉〈『笑点』のゴールデンウィークポイント〉などとイジり過ぎると、視聴者からクレームが入ることがあるという。

「『山田くんイジメだ』というメールがあるんですね。あくまで演出の一つなのですが、そういう風に捉えられる方もいらっしゃるのは、昔と違う部分かも知れません。だから、たまには山田さんを〈紅葉のように赤く美しい〉と昇太師匠に持ち上げてもらうなど微妙なあんばいを考えています」(福田氏)

コンプライアンス順守という風潮の影響もあるだろう。三波伸介司会時代の1982年4月から制作に関わっている飯田氏はこう明*。

「昔と比べて、社会の寛容度が低くなっていると、5~6年前から感じるようになりました。SNSの発達が大きいでしょうね。世の中にはいろんな方がいらっしゃるから、批判は仕方ありません。昔は電話で、お酒を召し上がって気分が良くなった方が『急に俺のことを言われた。ふざけんな』と抗議してくることもありました。今は字面だけなので、相手の状態がわからない。そこが難しいですね」


【『笑点』から見る社会の風潮】の続きを読む


c 三遊亭円楽|笑点|日テレ ^ 六代目 三遊亭円楽『流されて円楽に 流れつくか圓生に』十郎ザエモン、竹書房、2019年11月4日、92頁。ISBN 9784801920392。 ^ one0colorの2015年1月1日0時9分のツイート、2018年9月28日閲覧。 ^ “丈、円楽「さんゆうの雪解け」”
47キロバイト (6,982 語) - 2021年5月6日 (木) 13:59



(出典 upload.wikimedia.org)


昔も今も不届者がいますわなぁ

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/12(水) 14:27:50.93

5/12(水) 14:01
東スポWeb

「三遊亭円楽・伊集院光 二人会」のチケットが秒で完売し高額転売 SNSで悲鳴
左から円楽、伊集院
 12日10時から発売開始された「三遊亭円楽・伊集院光 二人会」(6月13日、昼夜公演)のチケットが秒殺完売。さっそく10倍前後の値で転売サイトに掲載され、SNSで嘆きの声があふれている。

 6代目円楽と伊集院というただでさえ人気の2人に加えて、ゲストとして昼はナイツ、夜は爆笑問題が出演。プラチナチケット化必至の面子が揃い、ネットで発売開始するや即「予定枚数終了」に。その後、チケット転売サイトにこの公演のチケットが多数掲載され、1枚5000円のものが、4万円~7万円で売りに出された。

 SNS上では「秒で売り切れたのか…」「10秒で完売とか草」「発売開始直後にアクセス集中でログインできなくなり完売」「取れなくてダンナの機嫌が悪い」「転売ヤーが10倍で売ってる。許せない!」といった嘆きの声や高額転売する人への不満の声があふれた。

 円楽の弟子の楽大も「チケットを両親の為に取ろうと発売開始の10時になった瞬間にアクセスしたらもうsold out! 出演者なのにチケット取れませんでした…。ゲットした方々はどうやって買ったの? 今後の参考のために教えてぇ~~~」とツイート。一方、「昼前に電話受付で取れた」と、アナログな手段で入手できた人もいたようだ。

 伊集院はもともと円楽が楽太郎を名乗っていた頃の弟子。三遊亭楽大を名乗っていた。前出の楽大は2007年に入門した当代。昨年5月、伊集院のラジオ番組に円楽が出演。円楽から「2人会をやろう」と呼びかけてこの公演が決まった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/3c556d8fc85d12479a2ee7b16429015ca3ccdb1e


【『円楽・伊集院 二人会』が秒で完売し高額転売 SNS悲鳴】の続きを読む

このページのトップヘ