スポーツ


東京辰巳国際水泳場(とうきょうたつみこくさいすいえいじょう)は、東京都江東区辰巳にある国際規格の水泳用プールを持つ施設。2020年東京オリンピックでは水球の会場として使用される(同大会における英称は Tatsumi Water Polo Centre とされている)。
11キロバイト (1,440 語) - 2021年9月27日 (月) 14:04


皆が驚愕するのも分かる

1 風吹けば名無し :2022/01/24(月) 07:16:53.41

https://news.yahoo.co.jp/articles/37f744582576a088a5dddaaeffc7dfee598d0698

自由形種目でバタフライを泳いだ模様


【北島杯 池江璃花子が50m自由形予選で「バタフライ」選び1着】の続きを読む


岳の火砕流による犠牲者数を上回る事態となった。 木曽御嶽山御嶽、王嶽、王御嶽とも称する。また嶽の字体を新字体で表記し御岳山や、単に御岳と表記されることもある。標高3,000mを超える山としては、日本国内で最も西に位置する。日本には同名の山(御嶽山・御岳山)が多数あり、その最高峰である。山頂には一等三角点(3
179キロバイト (22,670 語) - 2022年1月13日 (木) 20:52


昇進が見えてくるか

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/15(土) 18:19:31.93

1/15(土) 17:55
デイリースポーツ

照ノ富士 遠藤に寄られるも連敗はなし 御嶽海7連勝で単独トップ
 遠藤(右)を寄り切りで下した照ノ富士(撮影・西岡正)
 「大相撲初場所・7日目」(15日、両国国技館)

 前日に初黒星を喫していた横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は遠藤(追手風)を退けて連敗は免れた。

 照ノ富士は相手に先に寄られたが、体勢を立て直して勝負を決めた。

 関脇御嶽海(出羽海)は、玉鷲(片男波)が押して出てくるのを受け止め、相手が呼び込んだのに乗じて押し出し、優勝争いの単独トップに立った。

 平幕の阿炎(錣山)は阿武咲(阿武松)に突き落とされて今場所初黒星を喫した。

 苦しんでいる大関正代(時津風)はベテランの隠岐の海(八角)にガッチリとまわしをとられ、寄り切られた。これで、3勝4敗と黒星が先行した。隠岐の海は2勝目。


https://news.yahoo.co.jp/articles/a7e17bd93c6b60609ddd45ec875e9a1606a43704


【大相撲初場所7日目、関脇・御嶽海が無傷の7連勝で単独トップ】の続きを読む


体操・内村航平選手が現役引退を発表

(出典:テレビ朝日系(ANN))


内村 航平(うちむら こうへい、1989年(昭和64年)1月3日 - )は、日本のプロ体操競技選手。オリンピック4大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ、2020年東京)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手
45キロバイト (4,807 語) - 2022年1月10日 (月) 22:58


牽引してくれた

1 サザンカ ★ :2022/01/11(火) 06:01:41.96

体操・内村航平が現役引退 個人総合で五輪連覇、世界大会でメダル28個の伝説刻む
1/11(火) 5:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/70186c6f19cbe05d53a0c4872419897ebd6e502f
スポニチアネックス

体操男子の内村航平(33=ジョイカル)が現役引退を決断したことが10日、分かった。個人総合で12年ロンドン、16年リオデジャネイロの五輪連覇など、世界選手権を含めた世界大会で、体操ニッポン史上最多となる通算28個のメダルを獲得。美しい演技で築いた黄金のキャリアに、終止符を打つ時が訪れた。

体操界にキングとして君臨してきた内村が、現役生活に別れを告げる。生まれ故郷・北九州で行われた昨年10月の世界選手権を終えた後は、進退について「続けるにしても辞めるにしても、相当考えないといけない」と話していた。あれから2カ月以上が経過。熟考の末に導いた答えは「引退」だった。

個人総合で12年ロンドン、16年リオデジャネイロと五輪連覇し、世界選手権を含め前人未到の世界大会8連覇を達成。15年世界選手権とリオでは、団体総合でも日本を世界一に導いた。

16年12月以降は日本体操界初のプロ選手として活動したが、近年は故障との闘いが続いていた。「体操の体への破壊力ってえぐい」。17年世界選手権の予選で左足首を痛めて棄権し、個人総合の連勝は40でストップ。深刻な両肩痛を抱えていた19年は、全日本選手権で悪夢の予選落ちを喫した。

20年2月、「6種目やってこその体操」とこだわってきた個人総合と決別し、種目別の鉄棒に絞った。熾烈な国内選考を勝ち抜いて出場した昨夏の東京五輪は、落下があって予選落ち。「一生、悔いが残る」と振り返るほどのショックだったが、心身を立て直して世界選手権に出場した。

昨年10月24日、同選手権の種目別鉄棒の決勝が競技者としてのラスト演技となった。「会心の一撃」と自賛した完璧な着地で締めくくると、コロナ下で無観客だった東京五輪とは違い、北九州の観客が沸いた。「結果が全てと言ってきたけど、結果が全てじゃなかった。それをみなさんに感じ取ってもらえたんじゃないかな」。順位は6位でも、悔いはなかった。

「自分が自分であることを唯一、証明できるもの」と言う体操からは、引退後も離れることはない。今も練習は継続しており、演技の実演などで普及活動に力を注ぐ方針。抜群の知名度を生かし、競技の枠を越えたフィールドでの活躍にも期待が懸かる。世界大会で積み重ねたメダルは、金13個を含む計28個。美しい演技と黄金に彩られたキャリアは、永遠に記憶と記録に刻まれる。

◇内村 航平(うちむら・こうへい)1989年(昭64)1月3日、福岡県北九州市生まれの33歳。長崎県諫早市で3歳の時に体操を始め、五輪初出場の08年北京大会で団体総合、個人総合で銀メダル。09~16年に個人総合で2度の五輪制覇を含む世界大会8連覇を達成し、16年12月に日本体操界初のプロに転向した。五輪4大会連続出場は体操ニッポン史上2人目。1メートル62、52キロ。


【体操の内村航平が自身の公式サイトで正式に現役引退を発表】の続きを読む


CM出演しているアピタ・ユニーで特製ドアラマグカップ(3種類)が作られ、12月に愛知・岐阜・三重・長野・奈良の店舗限定で買い物客にプレゼントした。ちなみに「王様ドアラ」「殿様ドアラ」などのデザインがある。 2008年 アピタ・ユニーの正月セールに売り出された「ド福袋」には「ドアラと行く沖縄キャンプ激励ツアー」「トヨタ・ポルテドアラ
54キロバイト (8,142 語) - 2021年12月13日 (月) 19:15


こういうウィットも今は楽しいよね

1 THE FURYφ ★ :2022/01/07(金) 13:11:26.60

ヤクルトの球団マスコット、つば九郎が7日、契約更改交渉を行い、昨季年俸2万8000円から
倍増近い年俸5万円と「ヤクルト1000」飲み放題、活躍に応じてクーポン券支給の条件でサインした。

中日の球団マスコット、ドアラが代理人として同席し、会見にもサプライズ登場。好条件を
引き出したようだ。つば九郎は「こんなにちーむのみんな ふぁんのみんなにきたいされて 
おかねぢゃない!! きもちです!!」と、残留を決断した理由を明かした。

昨年12月に12年以来2度目のFA宣言をし、100件以上の企業や団体からオファーを受けた。
年末のイベントでは「だいりにんに すべてまかせてます しーすーしながら かんがえます」と
態度を保留。しかし、年をまたいで国内の話題をさらい? ファンから残留を熱望する声を
受けたことや、代理人のドアラから「一緒にセ・リーグを、プロ野球を盛り上げましょう!」という
説得を受けたことも大きかった模様だ。

チームは日本一に輝き、つば九郎も暖冬更改。ただ、高津臣吾監督からは宣言残留を
認めないといわれていたため「せったいづけにします」と昇給分で説得するつもり。
越年までした長いFA交渉を終え「ながいちゃばんげきに おつきあい ありがとう。」と
振り返った。(金額は推定)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce741ec5950b58368ebdd29592837bbc1f78badb


【つば九郎の契約更改の会見に中日のドアラが代理人として同席】の続きを読む


全国体力・運動能力、運動習慣等調査(ぜんこくたいりょく・うんどうのうりょく、うんどうしゅうかんとうちょうさ)とは、2008年度より日本全国の小学5年生、中学2年生全員を対象として行われる、スポーツテストのことである。一般には、「全国体力テスト」「全国運動テスト」とも呼ばれている。 全国
5キロバイト (554 語) - 2021年12月21日 (火) 23:03


放課後の校庭で遊ぶなんて事は今は昔

1 風吹けば名無し :2021/12/24(金) 22:41:52.15

スポーツ庁の調査で小学校と中学校の男子の運動能力が過去最低となったことが分かりました。

 スポーツ庁は新型コロナウイルスの影響で去年度は中止した全国の小学5年生と中学2年生を対象とする体力や運動能力についての調査を実施しました。

 その結果、小中学校の男女ともに各種目の総合点が低下していて、特に男子は2008年度の調査開始以来、過去最低となりました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1fe73255a4b47c04ab30a86dbfb7c2c65ef13657


【全国体力テストを実施、小中学男子の運動能力が“過去最低”に】の続きを読む

このページのトップヘ